ルシアス法律事務所は、東京都中央区の八丁堀に開設されている弁護士・弁理士が運営する法律事務所です。当事務所の代表弁護士は、一般的な弁護士とは異なり、

 

・大学は法学部ではなく理系学部卒の弁護士

エンジニア出身(会社員時代)の弁護士

・弁理士資格取得後、企業内弁理士を経験した弁護士

 

という、一風変わったキャリアをもっており、当事務所では、現在、特許、商標、著作権等の知的財産権に関するご相談、債権回収、契約問題をはじめとする企業法務全般、中小・ベンチャー支援に関するご相談等を中心に対応させていただいております。

 

通常であれば、企業法務の相談は企業法務系の弁護士へ、特許、商標、著作権等の知的財産権の問題は弁理士へ、というように事業活動をサポートする専門家を複数準備する必要があります。しかしながら、これでは、それぞれの専門家に対して個別に事業内容やその法的問題を説明しなければならず時間も費用もかかり、人によってその対応の仕方も統一されていないこともあります。また、特許相談等、技術が絡む法律相談は、相談されている弁護士が技術内容をすぐに理解して対応する必要があり、この点について、実際には対応できる者が少ないというのが現状かと思います。

当事務所では、半導体メーカーで技術職の経験を有する弁護士・弁理士の資格を有する代表弁護士と、商標を専門領域とする弁理士が一緒になって対応させていただきますので、弁護士と弁理士の業務をまとめて対応することが可能となり、これにより弁護士・弁理士の一本化による専門家コスト削減も可能となります。技術に絡む相談についても、事案の把握も速やかに行うことが可能となり、技術に絡む特許訴訟等においては、無駄な時間をかけず適切に進行することが可能となります。また、商標につきましては、国内のみならず海外商標の取得につきましてもサポート体制を構築しております。

特に中小・ベンチャー企業様におかれましては、多額の費用をかけずに企業法務や知的財産分野のアウトソーシングが可能となりますので、費用対効果の点からも有益となります。

どうぞお気軽にお問い合わせください。